2012年08月21日

富士山2012.8

今朝の、夏の富士山
地元の方、県外からの方
目撃したみなさん、ラッキーでしたね。

IMG_0340.JPG
posted by WS at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2011年07月12日

富士登山2011


今年は3人で、
同級生そして同志、アイチャンも一緒に。

2011年7月11日の日の出
東北を、日本を想う。
RIMG0020.JPG

わたしにとって富士登山は旅に出かけるのと似た感じがします。
今まで
地図上での文字としての名前や
ガイドブックでの写真でしか知らなかった場所が、
自分で行って自分の目で見て
そこでの時の流れ、日々の行いを知ることによって
3Dの記憶になります。
下から富士山を眺めながら、
上からはどう見えてるかも想像できたりして。

お客さま、Yさんご家族が送ってくださったおまもりを持って出発です。
RIMG0022.JPG

山中湖がかがやいています。
RIMG0024.JPG

影富士 みごとでした。
RIMG0027.JPG

きれいな溶岩。
RIMG0032.JPG
posted by WS at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年09月25日

きもち新たに。

RIMG0275.JPGRIMG0284.JPG

きのうは昼間っから
暗いし寒いし風は強いしで、
あしたはストーブとこたつをだそうかなぁ
とおもって、

今朝もくもり空で、
でも午後になっていっきに雲がはれて
現れたのは、
頂上にうっすら雪をかぶった
富士山でした。
実は
これからが富士山の季節なのだそうです。


ホームページにもありますが、
今夜はギャラリー海 さんでの
お月見コンサート。
貴重な機会をいただきうれしいです。
お客様とともに
わたしたちもたのしみたいとおもいます。
posted by WS at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年07月09日

七夕 富士山から星に願いを

6月中旬より
ペンションの七夕飾りのために短冊を用意し、
お客さまに自由に書いていただいていました。

その集まった願い事を、
わたしたちの足で
日本でいちばん空に近いところへ届けよう、

夢がある。

そんな思いで出発した富士登山。

無事に頂上に到達しました。
短冊にご協力いただいた方々、
ありがとうございました。
願いを背中のリュックにつめて、はげまされました。
RIMG0014.JPG


ちょっとバテ気味ですかね。。。
まだまだこれからです!
RIMG0001.JPG

山小屋で焼印を。
RIMG0003.JPG

空のグラデーション。朝がくる。
RIMG0009.JPG

頂上にはまだ雪が。
RIMG0027.JPG

富士山のかげ!!
RIMG0031.JPG

日本最高峰 剣ヶ峰へ。気象観測所があります。
太陽あったかいよう。
RIMG0029.JPG

雲の動きがおもしろくて
ずっと見ていました。
RIMG0036.JPG
posted by WS at 22:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年06月17日

地域限定に弱いのです。


富士山メロンパン
すげー。
RIMG1104.JPG
富士五合目で販売されてます。
250円。

そして、富士山印かんも購入。
ふつうの印かんの名字の上に、富士山がついてるのです。
ご当地印かん。

ちなみにスバルライン、
道路にあんな仕掛けがされてるとは!!
料金所の手前なので、
ご興味のある方車で通ってみてはどうでしょう。

RIMG1106.JPG
てんぐか?!
すごいかお。。。
posted by WS at 19:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年05月07日

体は覚えている

熔岩樹型をみてきました。

溶岩樹型とは、
火山活動で流れ出した熔岩が樹木にぶつかり、
その樹木が消滅することでできる樹木の鋳型の空洞
を言うそうで、

吉田にある胎内樹型は、
樹型内部がある条件の中再熔融して、
鋳乳状やアバラ骨状などの特殊な形状がみられるものだそうです。
gcQ.jpg
gcR.jpg
ちいさくかがんで、
時にはホフクゼンシンで
この内部に入っていきます。

中にはいってみて
いろいろな感覚がありましたが、
わたしにはうまく文ではあらわせません。。。
機会がある方には直接おはなしします!


吉田胎内は、
年に一度の胎内祭のときにだけ一般公開される
とても貴重な存在。
参加できて光栄でした。

富士山。
ますますわたしを惹きつけます。
gc.jpg





posted by WS at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年03月11日

何へぇ〜でしょうか?!


富士山の謎、という本からひとつ。
事実なのか伝説なのか、なんとも不思議です。


富士山噴火の際に流れ出た溶岩でできたとみられている洞穴、
富岳風穴と鳴沢氷穴。
鳴沢氷穴の立ち入り可能は153メートルまで。
その先は人が踏み込めない地獄穴とよばれる洞穴が存在するらしい。

へぇぇ〜。

その地獄穴は富岳風穴とつながっているらしい。

へぇぇぇぇぇ〜。

そして、そのつながってるさらに先を進むと、
なんと!
鎌倉を経て江ノ島へ行き着くと言われているらしい。

へぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜!

「富士山の麓から洞窟を潜って海へ出る」

うわーまいったなー。すごいなこれ。


ちなみに、
氷穴の地獄穴に近づいて鼻に意識を集中させると潮の香りが、
風穴では洞窟の奥から風がふいて潮の香りが強く感じられるとも言われているらしい。

へぇ〜へぇ〜へぇ〜。

まだ入り口まで見送りにしか行ったことがありません。
確かめに行ってきます。


xmR20100311.jpg


posted by WS at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年03月08日

忍野八海

八つの湧水池からなる忍野八海。
富士山に降り積もる雪解け水が地下の溶岩の間で何十年もかけてろ過され、
水は澄み、
のぞいていると、不思議で神秘的で、でもちょっとこわいような、、、
全国名水百選、国の天然記念物にも指定されています。
霊峰富士の胎内より湧きでる「神の泉」、のぞいてみてください。
RIMG0564.jpg
posted by WS at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2010年01月30日

西湖〜樹氷まつり〜精進湖〜本栖湖〜河口湖


大イベントというかんじではありませんが、、、
河口湖周辺は季節ごとの催しがけっこうあって、私はけっこう気に入ってます。
ミーハーですから。。。

西湖 野鳥の森で今日から開催されている樹氷まつりへ、
きのう準備中のところを一足先にのぞいてみました。

恒例のものから時代のものまで、看板を見ずに氷のモデルは何かを当てながら歩きました。
写真も撮りました!
ですが、行かれる方もいらっしゃると思いますので、載せないことにします。

そして精進湖へも行ってみます。
i@xm.jpg
精進湖 湖畔からの富士山です。
ウィークエンドシャッフルからいつも眺めている富士山とは、
また違った表情です。
山にも表情がありますね!
おもしろいなぁ。。。


さらに本栖湖へ。
{@xm.jpg
本栖湖と富士山です。
うーん、これまた違う。なんだか不思議です。
そしてなんだかちょっとアウェイな感じがしてきました。。。
少しホームシックです。


そしてペンションに戻ってきました!
@xm.jpg
私にはやっぱりこの富士山が落ち着きます笑。

でもこの富士山まわり、とても良かったんです。楽しかったんです。
いつだか友人とひたすら夕日を追いかけたことを思い出しました。


ウィークエンドシャッフル主催・富士山一周 いろんな表情を見よう!ツアー。
なんてどうでしょう?!

posted by WS at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山のこと

2009年12月04日

富士山に魅せられて

 20091204FUJI.jpg

きのうの寒くて雨降りの一日から、今日はとてもいい天気です。
写真のとは違いますが、今朝方の富士山はかさ雲をかぶってるというより、シャンプーハットをあたまにのせてるようでした笑。

毎日ここで過ごしていると、いろんな姿の富士山が見えます。
雲のない月夜の、積雪の白が月明かりにてらされた富士山は、夜の暗闇に浮かびあがっているようでとても神秘的です。


lR.jpg
自宅のネコも、富士山を真正面の窓辺で一日ひなたぼっこ、気持ちよさそうです。
こんなふうに、私のカメラは富士山とネコの写真がどんどんたまっていきそうです。。。

posted by WS at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山のこと