2010年05月07日

体は覚えている

熔岩樹型をみてきました。

溶岩樹型とは、
火山活動で流れ出した熔岩が樹木にぶつかり、
その樹木が消滅することでできる樹木の鋳型の空洞
を言うそうで、

吉田にある胎内樹型は、
樹型内部がある条件の中再熔融して、
鋳乳状やアバラ骨状などの特殊な形状がみられるものだそうです。
gcQ.jpg
gcR.jpg
ちいさくかがんで、
時にはホフクゼンシンで
この内部に入っていきます。

中にはいってみて
いろいろな感覚がありましたが、
わたしにはうまく文ではあらわせません。。。
機会がある方には直接おはなしします!


吉田胎内は、
年に一度の胎内祭のときにだけ一般公開される
とても貴重な存在。
参加できて光栄でした。

富士山。
ますますわたしを惹きつけます。
gc.jpg





posted by WS at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士山のこと
この記事へのコメント
年に一回ですか…

富士急に実物大エヴァ初号機が出来るらしい

また山梨に行く理由が出来ました
Posted by あんちゃん at 2010年05月12日 22:14
イベントに左右される事なんかないぞ!!

「山梨へ行く!」って思い立った瞬間がそのときです。

いつでもWELCOMEだよ〜ん((´∀`))
Posted by てっぺー at 2010年05月12日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37646772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック